<   2012年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

2012年 03月 30日
FRPの着色実験

FRPに着色する実験です。
FRPに着色するには専用のトナーを混ぜるのですが、
近くに売ってなく、色の種類が少なく、価格が高い。
そこで代用品がないか調べてみましたが、見つける事ができませんでした・・・。
着色剤はトナー(粉)なので、パステル等の削り粉で代用出来ないか実験してみました。
e0042476_1081970.jpg

100均で買って来たパステルの黒を削り、FRPの原液に混ぜてみました。
均一になった所で硬化剤を入れて、再び混ぜて行きます。
e0042476_1082344.jpg

それを「おゆまる」で複製していきます。
個人的な感想ですが、「おゆまる」は色のついた物は
型取り時に気泡が出るなど、上手く行かない事が多いです。
e0042476_1082684.jpg

グレーの物が黒のパステルを混ぜたもので、白は何も混ぜていないものになります。
一番左はアルミテープを貼った原型です。
e0042476_1083077.jpg

結果として上手く行きました!
自分の場合、FRPで少量しか制作しないので
この方法で充分かと思いました。
あと、色がどうしても薄く出てしまうので
パステルの粉を多く入れる必要がありますが
入れすぎると強度が弱くなったり、硬化不良の原因になります。
通常のトナーですと5%程度となっていますので、それぐらいが良いかと思いました。

















………………………………………………………………………広告……………………………………………………………………………
[PR]

by kmt88 | 2012-03-30 11:29 | ギガゴゴガ | Comments(0)
2012年 03月 24日
ASOBLOCKでコマ撮りアニメ

アソブロックの販売元の株式会社マーゼンプロダクツ様から、正式な依頼を受けて制作致しました!
好きな素材で、好きなように撮らせてもらえたのは、とても嬉しかったです。


1分ぐらいの動画の中に9体くらいのパペットが登場します。
変形途中のパペットも含めて、何体かあらかじめ制作して撮影を始めました。
e0042476_23385662.jpg

予備のパーツは小分けにして、撮影台の横の引き出しに配置。
e0042476_23385159.jpg


よく使う道具類は撮影台の上に。
撮影前に部屋を掃除して換気して、空気清浄機などでホコリを極力少なくしましたが、
撮影に集中していると、気がつかない所でホコリが写り込んでいる事があります。
なので、パペットを動かした後はブロアーで、ひと吹きまでを心がけました。

あと、パペットを固定するように両面テープを多用しています。
動いた跡もシンナー等で奇麗にしながら撮影を進めました。
e0042476_23384772.jpg


最初の細胞が、分裂するイメージのカット撮影
それぞれのパーツを固定して一コマづつ撮影しています。
パーツの固定に使っている素材はテクノロートというナイロン系の素材で
アルミの針金のように曲げても保持力があり、疲労による切断がありません。
e0042476_2338458.jpg


撮影中のドラゴンストッモーションの画面。
今まで勘で動かしていましたが、画面一杯にパーツが飛び、決まったコマ数で
決めた場所に来なければならなかったので、今回初めてドラゴンのペンツールを
使用して撮影しました。すごく便利ですが、勘が鈍りそうなので
あまり使わない方が良いと思いました・・・。
e0042476_23384238.jpg


パペットを固定している棒も土台もアソブロックを使っています。
棒はクリアーパーツなので影が出来にくく、パペットやセットへの影響も少ないと思いました。
e0042476_23383992.jpg

e0042476_23383540.jpg


またペンツールを使っています。とても便利です。でも・・・。
e0042476_23383272.jpg


古代魚がアノマロカリスを補食した瞬間。
黒は4つに分解し左端に泳いで行きます。この時に補助を一番多く、五つ使用しています。
ちなみに撮影台は鉄板の上に、薄いアクリル板を置いてあります。補助の黒い台座は
磁石になっているので、とても便利に使えました。
e0042476_23382986.jpg

e0042476_23382660.jpg


両生類の上をジャンプ中に、分離するアロサウルス。
補助の台座はパペットの後ろに配置して、なるべく写らないようにしています。
e0042476_23382314.jpg


出番待ち中のキングティラノサウルス。これをアニメイトするのは根気がいりました。
e0042476_23381952.jpg

とにかくデカくて全長が70cmもあり、構成パーツも625ピースとシリーズ中最大です。
無理に動かそうとするとバラけてしまうので、負荷がかかりそうな所は両面テープで固定し、
アニメイトのたびにパーツを外したり、つけたりと手間がかかり、一コマ撮影するのに
2時間もかかった箇所がありましたが、なんとか最後まで撮影する事が出来ました。


















………………………………………………………………………広告……………………………………………………………………………
[PR]

by kmt88 | 2012-03-24 04:15 | ストップモーションアニメ | Comments(0)