カテゴリ:ストップモーションアニメ( 17 )

2012年 03月 24日
ASOBLOCKでコマ撮りアニメ

アソブロックの販売元の株式会社マーゼンプロダクツ様から、正式な依頼を受けて制作致しました!
好きな素材で、好きなように撮らせてもらえたのは、とても嬉しかったです。


1分ぐらいの動画の中に9体くらいのパペットが登場します。
変形途中のパペットも含めて、何体かあらかじめ制作して撮影を始めました。
e0042476_23385662.jpg

予備のパーツは小分けにして、撮影台の横の引き出しに配置。
e0042476_23385159.jpg


よく使う道具類は撮影台の上に。
撮影前に部屋を掃除して換気して、空気清浄機などでホコリを極力少なくしましたが、
撮影に集中していると、気がつかない所でホコリが写り込んでいる事があります。
なので、パペットを動かした後はブロアーで、ひと吹きまでを心がけました。

あと、パペットを固定するように両面テープを多用しています。
動いた跡もシンナー等で奇麗にしながら撮影を進めました。
e0042476_23384772.jpg


最初の細胞が、分裂するイメージのカット撮影
それぞれのパーツを固定して一コマづつ撮影しています。
パーツの固定に使っている素材はテクノロートというナイロン系の素材で
アルミの針金のように曲げても保持力があり、疲労による切断がありません。
e0042476_2338458.jpg


撮影中のドラゴンストッモーションの画面。
今まで勘で動かしていましたが、画面一杯にパーツが飛び、決まったコマ数で
決めた場所に来なければならなかったので、今回初めてドラゴンのペンツールを
使用して撮影しました。すごく便利ですが、勘が鈍りそうなので
あまり使わない方が良いと思いました・・・。
e0042476_23384238.jpg


パペットを固定している棒も土台もアソブロックを使っています。
棒はクリアーパーツなので影が出来にくく、パペットやセットへの影響も少ないと思いました。
e0042476_23383992.jpg

e0042476_23383540.jpg


またペンツールを使っています。とても便利です。でも・・・。
e0042476_23383272.jpg


古代魚がアノマロカリスを補食した瞬間。
黒は4つに分解し左端に泳いで行きます。この時に補助を一番多く、五つ使用しています。
ちなみに撮影台は鉄板の上に、薄いアクリル板を置いてあります。補助の黒い台座は
磁石になっているので、とても便利に使えました。
e0042476_23382986.jpg

e0042476_23382660.jpg


両生類の上をジャンプ中に、分離するアロサウルス。
補助の台座はパペットの後ろに配置して、なるべく写らないようにしています。
e0042476_23382314.jpg


出番待ち中のキングティラノサウルス。これをアニメイトするのは根気がいりました。
e0042476_23381952.jpg

とにかくデカくて全長が70cmもあり、構成パーツも625ピースとシリーズ中最大です。
無理に動かそうとするとバラけてしまうので、負荷がかかりそうな所は両面テープで固定し、
アニメイトのたびにパーツを外したり、つけたりと手間がかかり、一コマ撮影するのに
2時間もかかった箇所がありましたが、なんとか最後まで撮影する事が出来ました。


















………………………………………………………………………広告……………………………………………………………………………
[PR]

by kmt88 | 2012-03-24 04:15 | ストップモーションアニメ | Comments(0)
2012年 01月 10日
アソブロックでコマ撮り

一年ぐらい前に、県立芸大の学生にアソブロックを
素体とした、コマ撮り用パペットを見せてもらった。
そのあまりの動きの良さに鳥肌が立ち
これでコマ撮りアニメを作りたいと思いました。

ただ、そのままでは関節の向きや関節太りなど
いろいろ使いにくい所があり、芸大の子は
半田ゴテで関節の向きを変えたり、
フェルトで、ぬいぐるみ風にして
上手くクリアーしていました。

半田ゴテを使わず、無改造で簡単にパペット用の
アーマチュアが出来ないか考えていたところ
沖縄県産業振興公社さんのつてで発売元の
株式会社マーゼンプロダクツ様宛に企画書を出す事になりました。

企画書は、ある程度の評価を受けたようで、
サンプル製作用に商品を送って頂きました!!ありがとうございます!!
テンションも上がり何点かサンプル品を制作しました!
それだけでは物足りなかったのでショートアニメも作ってみました!!



この動画で使っているアソブロックは無改造の市販品そのままを使っています。
こうして見ると、よく動いて見えますが、関節の向きに限界があるので
動きが硬い所がいくつかあります(立ち上がる所など)

撮影は12時間かかり、撮り直しは最初の歩き部分で2回ほどしました。
e0042476_2158182.jpg

時間短縮で置換えなど考えていましたが、結局使いませんでした。
e0042476_21582110.jpg

不安定な時は頭から固定しています。クリアーパーツなのでPC処理も楽です。
e0042476_2158833.jpg

黒い方の撮影用控え。
e0042476_21582430.jpg

撮影前に壊れてしまったノーパソ・・・。これで二日ぐらい遅れた気がする。
ノーパソが壊れたので、他の部屋で使っているiMACを持ち込んで作業再開。

あと書きたい事もあるけれど、時間が無いので次回書きますね!


















………………………………………………………………………広告……………………………………………………………………………
[PR]

by kmt88 | 2012-01-10 22:18 | ストップモーションアニメ | Comments(0)
2011年 08月 30日
大物の型取り

だいぶ前にやった石膏での型取りです。
色んな事があり更新が遅れていました・・・。

前回と同じ油粘土で作った原型を、型取りしていきます。
ただ、少しばかり大きく、頭から尻尾の先まで37cmぐらいあります。
e0042476_114271.jpg

まず、奇麗な粘土を作業しやすいように粘土版(発泡スチロール)の上に均一に敷き詰めます。
e0042476_11421092.jpg

原型をセットし、境界線になる部分まで粘土を盛っていきます。
最初の原型作りの段階で、なるべく平坦になるように心がけるとこの作業が楽になります。
と言う事を学びました・・・。

原型を台にセットする前に、境界線になる部分にラインを引き、そこに合わせてヒレ状に粘土を付けていきます。
その後に原型を土台にセットして、盛りつけていくと早くできました。
e0042476_11421370.jpg

石膏を流し込むためのウォールを作っていきます。
e0042476_1142166.jpg

石膏をびびびびっ
e0042476_1142199.jpg

気泡が残らないように筆で原型をなぞります。
e0042476_11422294.jpg

流し込む石膏の量が多いので、何回かに分けて流し込みました。
流し込みのタイミングは、第一層が乾く前に流し込まないと後で剥離してしまう事があります。
e0042476_11422598.jpg

補強のためガーゼを当ててます。
e0042476_11422731.jpg

片面の型取り終了。
原型に空気の逃げ道とドライバーのこじ開け口を付け加えていきます。
e0042476_11423085.jpg

再びウォールを付け、剥離剤代わりのワセリンを塗っていきます。
これを怠ると外せなくなり、ただの石膏の固まりになってしまいます。
e0042476_11423237.jpg

びびびびっ!
e0042476_11423547.jpg

硬化後、型を外し、中の原型を取り出します。
e0042476_11423723.jpg

完成!!
e0042476_11424014.jpg

自分では早く作業が進んでいる感覚でしたが、実際はかなり時間がかかっていました。
それでも、比嘉Brさんに「早いほう」と言われ嬉しくなりました!

こんどはもっと迅速に作業が進められるように、効率化を考えています。
















………………………………………………………………………広告……………………………………………………………………………
[PR]

by kmt88 | 2011-08-30 12:37 | ストップモーションアニメ | Comments(0)
2011年 07月 28日
型取り

前回、型取りした石膏にアクリル絵具を混ぜて着色したラバーラテックスを使い
表面になる部分をコーティングして行きます。
e0042476_23511459.jpg

型の内側には二液で発泡する「人肌のゲル発泡」を使います。
e0042476_273758.jpg

発泡ゲルを流し込んでサンドウィッチにします。
そして出来上がったのがこれ。
e0042476_23512094.jpg

上手くラバーラテックスで人肌ゲル発泡を包みこめました。
e0042476_23511884.jpg

なのですが、水掻き部分が厚すぎたのでやり直します。
e0042476_23512371.jpg

また再度、ラバーラテックスで皮作りをして関節をはめ込みます。
e0042476_23512636.jpg

人肌ゲル発泡の圧力は結構あるのでゴムと万力で固定します。
e0042476_23512899.jpg

この後は割と上手く行きました〜。写真は後日。















………………………………………………………………………広告……………………………………………………………………………
[PR]

by KMT88 | 2011-07-28 02:47 | ストップモーションアニメ | Comments(0)
2011年 07月 22日
石膏で型取り
造形の終わった手足。てかっているのはクリアーのラッカーでコーティングしているためです。
こうすることで水性粘土や石膏からの剥離をしやすくします。
e0042476_22285670.jpg

前回購入した奇麗な粘土に埋めて行きます。
e0042476_22285996.jpg

外枠をスチレンボードで覆い石膏を流す準備をします。
e0042476_2229276.jpg

何回かに分けて石膏を流し込みます。(ココでの作業ミスが後に響きました・・・。)
e0042476_2229559.jpg

硬化後、水性粘土を剥がし、もう片面の型取りをして行きます。
e0042476_222986.jpg

ここまでは手部分の型取りです。
手の部分の型取りは完成後、割れてしまいました・・・。
割れた原因は石膏を何回かに分けて流し込んださい、完全に硬化して流し込んだので
その部分から剥離し割れてしまいました。

気を取り直して足部分の型取りです。
足部分は造形上左右対称なので一つの型で対応します。
e0042476_22291169.jpg

二回目の石膏流し込みで気をつける所は、剥離剤を十分に塗る事と、気泡対策です。
気泡対策は剥離対策を十分にする事と流し込みの際、高い位置からの流し込みや振動を与える事で少なくなります。
e0042476_22291480.jpg

何回かに分けて石膏を流し込む際は下の石膏が固まる前に流し込む事が大事です。そうしないと剥離しやすくなり割れてしまいます。
あと、石膏の強度を上げるためにガーゼで補強しました。
e0042476_22291747.jpg

両方の型を取った後、原型を剥がしていきます。原型の中には最終型取りで使う関節が入っているのでベコベコ取って行きます。

このあとこの型に関節をセットしラバーラテックスと発泡ゲルでパペットを作って行きます。

*この作業自体は先月末のことなのですが、仕事が忙しかったので更新出来ずにいました。











………………………………………………………………………広告……………………………………………………………………………
[PR]

by KMT88 | 2011-07-22 23:17 | ストップモーションアニメ | Comments(0)
2011年 06月 29日
どぶ粘土とキレイな粘土
先月の話ですが、地元に大きな台風がやって来ました。

台風が過ぎ去った後も塩害で枯れた木々やゴミで一変していたので、
近所の海の様子が気になったので様子を見に行って来ました。
e0042476_17423327.jpg

海岸線は漂流物等で荒れていましたが、いつもの感じかなと思っていたら
不発弾を発見してしまいました・・・。
e0042476_17423788.jpg

大きさは60cmぐらいの大きさで、信管も生きた感じなので無視も出来ず警察へ通報しました。
立ち会いが必要なので、警察の方が解り易いようにと近くの小道の真ん中に立っていました。
のはずが、一台目は目の前を通り過ぎてしまい、3〜40分ほど炎天下の中、立つはめに・・・。
この日でかなり日焼けしてしまい、変な焼け方になりました。
肝心の不発弾の方は、警察では処理が出来ないので自衛隊の方々が処理をするとの事。
警察の方と自衛隊の方々の到着を待とうかと思いましたが、熱で体力を奪われてフラフラになっていたので
見届けず家に帰りました。

日頃から地味に活躍されている自衛隊の方々に感謝!!

まぁ、本題はここからなのですが、不発弾と共に見つけたのが、砂の下の泥層。
e0042476_17424085.jpg

パペット制作で原型取りに必要になって来る水溶性粘土。略して水粘土!!
沖縄のこの辺りの地質は化粧品にも使われるほどの上質のきめ細かい粘土が産出される事でも有名だそうで、
たぶんコレが”クチャ”だと思い後日、採取しました。
e0042476_17424351.jpg

少し匂いが気になりましたが、かなりきめ細かくて柔らかくてイイ感じの粘土です!!
e0042476_17424484.jpg

水に溶いて、ふるいで砂粒を取り除き、取りきれなかった細かな粒をバケツで沈殿!
e0042476_17424624.jpg

上澄み部分を段ボールの上に塗り乾燥を早めます。乾燥が進むとさらに匂いが気になって来ました。
e0042476_1742488.jpg

出来た粘土は程よい硬さですばらしいのですが、匂いが気になるドブ粘土になりました・・・。

うっうっ・・。



e0042476_17425022.jpg



後日、陶芸用のちゃんとした水粘土を購入しました。
20キロで¥2,000円!!安い!!しかも上質!!

涙が出そう・・・。
















………………………………………………………………………広告……………………………………………………………………………
[PR]

by kmT88 | 2011-06-29 19:32 | ストップモーションアニメ | Comments(0)
2011年 06月 06日
モンスターの頭部
スカルピーで造形後サーフェイサーを吹いて原型完成。
デザインイメージは古代両生類のアカントステガをモデルに造形しています。
e0042476_502685.jpg

粘土で台座を作ります。ラップを掛けているのは後の原型に付いた粘土掃除を簡略化するため
e0042476_50258.jpg

原型を粘土で覆います。この部分は後でシリコンゴムに置き換わります。
e0042476_502383.jpg

湯口、空気抜きを配置。
e0042476_502077.jpg

石膏を何回かに分けて流し込んで外枠の作っていきます。
e0042476_501992.jpg

石膏で両側のガワを作った所です。
e0042476_501622.jpg

シリコーンゴムで粘土部分を置き換えていきます。
e0042476_501384.jpg

ピンクの部分がシリコンゴムです。
e0042476_501185.jpg

今回この方法はタイヤキ方式の応用の中空方式をする為の型作りで、周りを石膏で固めたのは柔らかいシリコンゴムをしっかり保持し補強の為です。少し手間がかかりましたが、シリコンゴムの節約になりました。

この後、FRPで中空形成をやっていきます。











………………………………………………………………………広告……………………………………………………………………………
[PR]

by kmT88 | 2011-06-06 06:26 | ストップモーションアニメ | Comments(0)
2011年 05月 16日
巨人用マケット制作
巨人用マケット制作中です。
今回、LEON CLAYの硬いタイプを使いました。
どれぐらい硬いかというと、小さく千切った粘土を机の上に落とすと石みたいな音がします。
e0042476_737594.jpg

アーマーチュアにラップをして盛って行きましたが、粘土が硬く指が痛くなって来ました・・・。
e0042476_7371087.jpg

粘土を柔らかくする為に薄く切った粘土をパソコンのモニターの上に置いています。
これでだいぶ作業が楽になりました。
e0042476_7372027.jpg

机周りは資料やら道具で散乱しています。
e0042476_7371752.jpg

制作途中。
e0042476_7372347.jpg

e0042476_7372686.jpg

荒削りな手。エイリアンの手に似て来てしまいました・・・。
e0042476_7372961.jpg

この後、揮発性の油で表面を馴らすと落ち着いた感じになりました。














………………………………………………………………………広告……………………………………………………………………………
[PR]

by kmT88 | 2011-05-16 07:56 | ストップモーションアニメ | Comments(6)
2011年 05月 14日
巨人用アーマチュア
巨人用アーマチュア
水中に生息しているので、手足に大きな水かきが付いたデザインです。
e0042476_19374671.jpg

素材は真鍮、ステンレス、アルミが主になっています。
e0042476_19374111.jpg

e0042476_19373393.jpg

頭部分は取り外して別で造形します。












………………………………………………………………………広告……………………………………………………………………………
[PR]

by kmT88 | 2011-05-14 19:46 | ストップモーションアニメ | Comments(0)
2011年 05月 14日
自家製メッキ
自家製メッキ装置
e0042476_19193228.jpg

電気分解を利用してのメッキ加工
均一に奇麗なメッキをかけるのは難しく苦労しました。
取りあえずは下地に亜鉛メッキをかけ、次にニッケルメッキを「めっき工房」で仕上げました。













………………………………………………………………………広告……………………………………………………………………………
[PR]

by kmT88 | 2011-05-14 19:34 | ストップモーションアニメ | Comments(0)