2014年 11月 28日
操り人形用両手 Marionette Mechanical both hands

操り人形用の手の部分です。


人形関節師の川村さんがFBでシェアしていた動画を参考に試行錯誤して制作しました。

その動画はFBでは観れない方も多いので別のサイトを貼ります。
MÉCANISMES DES MARIONNETTES - PUPPET MECHANISMS...
*ここのサイトの動画は、エキサイトブログに貼れないので、リンク先でご覧下さい。


e0042476_10523663.jpg

指先の制作。素材は自転車用虫ゴムに、骨代わりのナイロン線を仕込んで行く。
指先のナイロン線は、後でラインを結ぶので、引っかかりが出来るようにキノコ形に加工

e0042476_11143621.jpg

骨を仕込んだ虫ゴムをラバーラテックスにに浸して指の原型を制作。
この時点で差異が出てくるので、少し多めに制作してます。
(3体分で30本の指が必要ですが、予備で40本ぐらい制作しました。)

e0042476_1057528.jpg

今回はあまり精度はいらないので粘土の型を簡単に作り、
そこにセットしてラバーラテックスを重ね塗りして固定して行く。
今回の制作で、ラバーラテックスに油絵の具等で使うターペンタイン(揮発性油)を混ぜると
液状のラバーラテックスが粘土状になり、形を整えられる事を発見!!
混ぜる量やタイミングに寄りますが、早めに混ぜて素早く形を整える必要があります。
オイルを混ぜているので、べたつかないので良いのですが、硬化時間が極端に長くなります・・・。

e0042476_11111886.jpg

このあたりは液状のラバーラテックスを使い、手のひらの表情を付けて行きます。
手のひらの真ん中には、後でラインを通すための穴を確保しておきます。

e0042476_11491733.jpg

100均で買ったネームタグから外したキーリングに、
虫ゴムとプラパーツを通して操作部のリングを制作してます。

e0042476_15232988.jpg

組み立て途中。ここでラインの張りのバランスを整えていきます。

e0042476_15221235.jpg

操作部と手の部分。
親指で手首と親指を操作し、人差し指で人差し指を、中指で他の3本の指を操作しています。

指先のラインは手のひらの中心を通っているので、モノを掴む時は干渉して上手く出来ませんが、
対象物をラインの内側を通すようにすると、掴む事ができます。


e0042476_1528346.jpg

3セット制作しました。
今回の制作で、いろいろ問題点が解りました。
次回作る時は、改善していきたいです。
















………………………………………………………………………広告……………………………………………………………………………
[PR]

by KMT88 | 2014-11-28 06:58 | その他 | Comments(0)


<< Junk Head制作スタッフ...      操り人形機械頭部 Marion... >>