2011年 06月 06日
モンスターの頭部
スカルピーで造形後サーフェイサーを吹いて原型完成。
デザインイメージは古代両生類のアカントステガをモデルに造形しています。
e0042476_502685.jpg

粘土で台座を作ります。ラップを掛けているのは後の原型に付いた粘土掃除を簡略化するため
e0042476_50258.jpg

原型を粘土で覆います。この部分は後でシリコンゴムに置き換わります。
e0042476_502383.jpg

湯口、空気抜きを配置。
e0042476_502077.jpg

石膏を何回かに分けて流し込んで外枠の作っていきます。
e0042476_501992.jpg

石膏で両側のガワを作った所です。
e0042476_501622.jpg

シリコーンゴムで粘土部分を置き換えていきます。
e0042476_501384.jpg

ピンクの部分がシリコンゴムです。
e0042476_501185.jpg

今回この方法はタイヤキ方式の応用の中空方式をする為の型作りで、周りを石膏で固めたのは柔らかいシリコンゴムをしっかり保持し補強の為です。少し手間がかかりましたが、シリコンゴムの節約になりました。

この後、FRPで中空形成をやっていきます。











………………………………………………………………………広告……………………………………………………………………………
[PR]

by kmT88 | 2011-06-06 06:26 | ストップモーションアニメ | Comments(0)


<< どぶ粘土とキレイな粘土      巨人用マケット制作 >>